板倉構法の家とは?
伝統技術から生まれた無垢の家
古くから日本に伝わる、木材を水平に積み重ねて壁面を造り上げていく校倉(あぜくら)づくりを基にした構法です。4寸角の柱や梁の溝に厚さ30mmの杉板を落していき壁を構成します。板倉構法ではこの落とし込んだ厚板が壁や屋根の下地だけではなく、そのまま化粧材(内装)として仕上げることができるので、無垢材に包まれた開放感と高い断熱性能のある空間が生まれます。 杉の粘り強い性質は耐震に効果を発揮し、調湿・断熱性もあるため高温多湿の日本の住環境にぴったりの素材です。自然の素材をそのまま活かしているので、心と身体に健康で安全な「森の中で深呼吸しているような心地よさ」を得ることができる住空間です。
板倉構法の特徴
木材をふんだんに使用した家
主に使用する国産木材は一般の木造住宅の2〜3倍です。しかし「板倉構法」は落とし込んだ厚板自体を内装として仕上げることができるので、大工職人の下地工事や、左官職人の内装工事を大幅に省略することができ、コストダウンが可能です。もちろんクロスや珪藻土の壁などの用途にあった施工も可能で、部屋の模様替えをする場合にも30mmの杉厚板が下地となる為、それにプラスターボードをビス止めするだけで下地をつくることができます。
金額は?
無駄のない納得価格
構造、内装に国産の乾燥木材を大量に使用するため「ローコスト住宅」にはなりませんが、木材の産地一括直仕入れ、構造材の高度プレカット加工による工期の短縮、板倉構法による内装工事の省略などで、坪単価50万円〜 (床面積 40坪)を実現しました。
※ 表示坪単価はあくまでも目安になります。 詳しくはお尋ねください。
基本構造
地震に強い
国土交通大臣から地震の揺れに対する壁の強度を表す「壁倍率」が、最大で基準値の2.2倍という評価を得ています。それ以上に「杉」には粘り強い性質があり、木が本来持つ復元性もあるため長い地震の揺れにも効果的に耐震性能を発揮します。

防火構造
板倉構法の壁は「防火構造」の認定を国土交通省から得ています。準防火地域内の2階建て以下、法22条区域の3階建て以下の木造住宅で延焼の恐れのある部分の外壁を板倉構法で設計・施工することができます。板倉構法の防火構造仕様にすることで、外壁の仕上げにも木材を使用できます。

調湿機能
小児喘息は、原因の5件に1件が住宅の湿気とカビによるものだと言われています。四季に合わせて木の壁は呼吸するため、室内の温度・湿度の変化が外気と比べ小さく結露などカビの原因を抑えます。湿気の多い梅雨の時期でも床はサラサラです。シックハウス症候群をはじめ、不良な住環境をつくりません。

断熱性能
「木材の熱伝導率を1」と数値化すると「水は2」「コンクリート9」「鉄は210」となります。鉄は木材に比べ210倍も熱を早く伝えます。木材は熱を伝えにくいため、夏は涼しく、冬は暖かくすぐれた断熱性が期待できます。

開放的なひとまわり大きなスペース
板倉構法ではこの落とし込んだ厚さ30mmの杉板がそのまま化粧材(内装)として仕上げることができるので、和室の真壁の様になり従来の内装と比べ余分な空間がない分広く部屋を使う事ができます。