板倉構法の家

天井、壁、床すべてに厚さ30mmの国産杉板を使うことで、高い強度と耐久性を実現しました。屋根や壁の内側部をそのまま化粧材として使用することで開放感と高い断熱性能を得る事ができます。 杉板の床は足に優しく、柔らかさと暖かさがあります。 健康で安全な「森の中で深呼吸しているような心地よさ」を感じる、心と体と家族にやさしい住まいです。
板倉構法の特徴

日本の風土に合った国産乾燥木材を使用することで有害物質をほとんど出さず、カラダ全体で安全な生活環境を感じることができます。
基本構造

正倉院や伊勢神宮などに代表される、日本古来の伝統的な建築技術から生まれた板倉構法の壁を基本にした構法です。
施工の流れ

板倉の家を実際に建てるときの施工の流れを写真付きで紹介しています。